仙台で税理士を探したい

会社設立の際に税理士に相談したいという人も多いと思いますが、税理士は企業と関わりのある専門家の中でも特に密接した関係にあると言えます。
実際に仙台で会社設立した人の中にも税理士に相談しながら手続きをしたという人が多く、そのメリットはやはりお金の面にありました。
まず税理士はその名の通り税金に関する業務のスペシャリストで、会社にかかわるいろいろな税金について詳しい知識を持っていますし、それにかかわる業務をこなすことができるのでとても心強いです。

税金は私たちの普段の生活にも大きなかかわりがありますが、企業にも大きなかかわりがあるものなのです。
たとえば会社設立するときには登録免許税と呼ばれる税金がかかりますが、株式会社の場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円とその金額は会社形態によって差があります。
また登録免許税は必ずしも現金で納めなければならないわけではなく、収入印紙で納めることもできます。

これくらいであれば会社設立の知識が少しある人なら知っていると思いますが、税理士が力を発揮してくれるのは会社設立手続きではなく、会社をスタートさせてからのことが多いです。
会社をスタートさせるとまず仕入れ先から必要なものを購入しますが、資本金1,000万円を超えなければ最大で2年間消費税が免除になりますので、仕入れなどにかかる消費税がかからなくなります。
さらに法人になると個人事業のときにはかからなかった法人税が発生しますし、年末調整や確定申告といったこともやらなければなりません。

税理士はこういったことの手続き代行やアドバイスを得意分野にしているので、会社設立手続きだけに関わるというよりも会社スタートしてからの付き合いを前提に会社設立手続きにも関わってもらうというほうがおすすめです。
仙台にはたくさんの会計事務所や税理士事務所がありますので、まずはそういったところをチェックして自分に合った税理士を見つけてください。