仙台で司法書士を探したい

これから仙台で会社設立手続きをはじめたい人の中には専門家に依頼して手続きを進めて行きたい人も多いと思いますが、はじめから最後までトータル的なサポートを希望するのであればもっともおすすめなのが司法書士です。
司法書士はほぼすべての手続きをすることが可能で、書類作成はもちろん代行業務もできますから正に「手続きのプロフェッショナル」と言える存在なのです。
会社設立手続きは面倒なことがたくさんありますし、手続きにばかり気が取られてなかなか会社スタートに向けた準備ができないという人もいますが、司法書士に依頼すればそういったストレス感じることなくスムーズに進められるはずです。

まず会社設立の流れですが、会社名・会社の所在地・事業内容といった基本事項を決めたあとに定款と呼ばれる書類を作成します。
定款は会社の基本事項だけでなく組織図となる機関設計、資本金などを記載した会社のルールブックとなる重要な書類なので十分に検討してきちんとしたものを作成しなければなりません。
また、今は電子定款が主流になっていてわざわざ紙の定款を印紙代40,000円支払ってまで作る人は減ってきています。
電子定款の作成は専用のソフトを導入しなければなりませんが、司法書士は電子定款にも対応しているので速やかに作成してくれます。
もちろん定款の作成にあたってアドバイスもしてくれますから初めて会社設立する人でも安心です。

そして法人となる最後の関門になるのが法務局で行う登記申請ですが、登記申請は必要書類が多く、漏れがあると申請が通りませんからひとつひとつ確実に準備しなければなりません。
登記申請に必要な書類は登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、 定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDになります。
そして登記申請の代行ができるのも司法書士だけです。