会社設立と弁護士

仙台にはたくさんの企業があり、新たに会社設立する人は競争率の激しい中に飛び込んでいかなければなりません。
そこで重要になるのがスムーズな会社設立手続きで、これができると会社スタートもスケジュール通りに進みますから予定を狂わすことなく運営ができます。
会社設立手続きは自分だけでやるのではなく、専門家を交えて進めたほうが圧倒的に早く終わりますし、実はコストも専門家に依頼したほうがかかりません。

また、中には会社設立手続きだけでなく長期的にサポートしてもらいたいと考えている経営者もいると思いますが、そういった人におすすめしたいのが弁護士です。
弁護士と会社設立の組み合わせに少し違和感を感じる人もいるかもしれませんが、弁護士は法律のプロフェッショナルですからそういった側面の多い会社設立手続きのサポートも問題なくできます。
会社設立するうえで必ずやらなければいけない定款の作成ももちろんできますし、電子定款にも対応しているので印紙代40,000円を支払って紙の定款にする必要はありません。

また、株式会社の場合は公証役場で認証手続きをしなければなりませんが、その代行業務もやってくれますし同行してもらうこともできます。
さらに法人となるために必要な登記申請手続きも書類作成から申請代行までできますし、申請が通ったあとに必要になる諸官庁への届け出も速やかに行ってくれるので漏れがなく安心です。
そして会社設立が終わったあとでも法律的な側面でのトラブルが起こらない様にアドバイスしてもらうことが可能で、そのためには顧問契約する必要があります。
顧問契約するとその会社について弁護することになりますから、万が一何かあったときにはすぐに相談に乗ってくれるので心強いと思います。

このように弁護士は会社設立から会社スタートしてからも心強い存在になってくれるので、初めて会社設立する人でも安心です。
ただし料金はやや割高になっていますから、その点は弁護士事務所側との交渉になります。