会社設立代行サービス

仙台では今、会社設立にあたって代行サービスをしている業者を利用する人が増えているそうですが、会社設立の代行サービスとはどのような内容なのでしょうか?
ここでは代行サービス業者の特徴をお伝えしていきますので、これから会社設立を検討している人や代行サービス業者が気になっていたという人は参考にしてください。

まず代行サービス業者とはその名の通り会社設立に必要な手続きを代行してくれるところで、はじめから最後までサポートしてくれます。
会社設立手続きは何段階かステップを踏んでいかなければなりませんし、面倒な手続きや専門知識を必要とする場面もありますので、素人だけでは時間がかかってしまいます。
スケジュールが遅れてしまうと会社運営をスムーズにスタートすることができませんし、遅れている期間にもかかってくるコストがありますから、そういった無駄を省く意味でも代行サービス業者を利用するメリットがあるでしょう。
特に初めて会社設立する人のほとんどは会社設立手続きとはどんなことをするのかすべて把握していませんし、サポートしてくれる存在はとても心強いはずです。

たとえば定款は会社設立手続きの中でももっとも難関となるところで、これは作成にあたって考えなければならないこともそうですが電子定款に専用ソフトが必要になることも影響しています。
定款は会社の基本事項や機関設計、資本金など記載した会社のルールブックになる重要な書類なので時間をかけるべきものですし、スムーズに作成するなら専門家の見解を聞きながら決めるのが一番です。
また代行サービス業者は電子定款にも対応しているので紙の定款に必要な印紙代40,000円を支払う必要はありません。
もちろん登記申請書類の作成や法務局への申請代行もしてくれますから安心です。

なぜここまでサポートできるかというと、代行サービス業者には税理士や司法書士、行政書士といった専門家が集まっている、あるいは事務所提携しているからです。