会社設立にかかる費用の比較

仙台では今新規に会社設立する人が多くなっており、ビジネスシーンも賑やかになってきていると言われています。
会社設立するうえでまず意識しなければならないのがそれにかかる費用で、これは会社形態によって違います。
そこでここでは会社設立にかかる費用を比較していきますので、これから会社設立を検討されている人は参考にしてください。

はじめにもっとも一般的な会社形態と言えば株式会社で、日本の企業のほとんどが株式会社だと言ってもいいくらい定着しています。
株式会社のいいところは株式を発行して資金調達が可能なところで、上場することによってたくさんの人の目に触れるようになりますから、会社としての規模をより拡大することが可能です。
将来的に会社を成長させたいと思うならやはり株式会社がベストな選択肢と言えるでしょう。

それでは株式会社にかかる費用ですが、手続きにかかるのは定款の作成を紙でする場合は40,000円、電子定款の場合は無料、定款の認証代が50,000円、そして登録免許税が150,000円に各種手数料が少々かかります。
トータルするとだいたい200,000円から240,000円程度の費用が必要になりますが、これはあくまでも会社設立の手続きに必要な費用です。

次に株式会社以外なら合同会社という選択肢もあって、合同会社はすべての社員が有限責任となるスタイルになっており社員全員が出資者です。
したがって株式会社のような役員制度を設けておらず、全員がフラットな状態で会社運営に携われるのが特徴です。

合同会社の設立手続きにかかる費用は定款の作成を紙でするなら印紙代で40,000円、電子定款なら無料、定款の認証は必要ないので無料です。
また、登録免許税は60,000円と各種手数料ですから、だいたい60,000円から100,000円と株式会社の半分の費用で設立できます。
ただし法人としての信頼度では株式会社のほうが高いですから、このあたりも天秤にかけて比較してみる必要があるでしょう。